「PC/プログラム/開発」カテゴリーアーカイブ

新型Chromecastを導入してみた

リビングのテレビで各種ネット動画(YoutubeやNetflix)を鑑るために、5年くらい前に買った初代Chromecastを使い続けておりましたが
このたび最新型に買い替え決定〜

届きました。
Chromecast with Google TV

1026-1

内容物はシンプル
電源ケーブルのChromecast側がUSB-Cになってますね

1026-2

リモコンの乾電池は2本同じ向きにセット。地味なところも作り込まれてる。
設置、設定は旧型とほとんどかわらない簡単設定です。

1026-3

NexusPlayerを使っていた事もあるので、リモコンも同じようなもんかと思ってたんですが
新Chromecastリモコンは赤外線も付いておりテレビの電源や音量操作もできるようになっています。
いちいちテレビ用リモコンに持ち替えなくてもいいのは便利かも。

新型Chromecastは「with Google TV」って事でスマフォ連動無しでも単体動作可能。
旧モデルを使っている人には、これだけでも買い替えの理由になるかも。

1026-4

NexuPlayerで使っていたtorne mobileも問題なく動きました。
スペックが上がったからか、torneの動作もさっくさく。

スマフォからキャスト操作時の応答時間も速くなってるし、全体的に画質も向上しているしかなり快適!

メッシュWifiその後

ちょっと前の自宅Wifi環境不調からのメッシュWifi導入
その後どうなったかといえば

完☆全☆解☆決

Wifiの切断発生はゼロ、たまに発生するパケ詰まりのような症状もなくなりました。
各階に1台ずつ設置したユニットのおかげか、電波強度の不満を感じる事も皆無に

スマフォの管理アプリから見る限り
1024
我が家はだいたい20台前後繋いでいるのを確認

各自それなりに通信を使う家庭ですが、今の所誰からも不満の声は聞こえてこない
価値ある投資でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TPLINK wifiルーター DECO M5 V2 [ac/n/a/g/b] DECOM5V2
価格:20680円(税込、送料無料) (2020/11/24時点)

メッシュWifiを導入してみた

この夏あたりから自宅のネットがめちゃくちゃ不安定。

症状としてはWifiが切れる。
繋がっていればHD動画でもサクサクなんですが、そもそものWifi接続が切れてしまうのでにっちもさっちも。
という状態。

回線はNURO光、ONUはF660Aで機器との接続は1台以外はすべてWifi。
早速トラブルシュートです。

状況
・2.4GHzのSSIDに繋いでいる機器のWifi通信不可
・機器側では「インターネット接続無し」「Wifi接続が拒否された」などの表示
・Wifiが接続できてもIPアドレスが未設定になるケースもあり(DHCPが動いていないっぽい)
・5GHz接続は生きている事が多い(ただし不安定)

障害発生時のONU側の状態
・ONUの2.4Gランプは点灯(正常時は点滅)
・ONUを再起動すれば改善する、しかし翌日には同じ現象が発生
・有線で接続すれば通信正常
上記状態から考えると回線そのものは正常で、ONUのWifiまわりに問題があるっぽい。

ネット情報によるとF660Aは1つのSSIDあたりの接続台数が10台という縛りがあるらしく
試しにSSIDを2〜4に増やして個々のSSIDあたりの接続台数が10台以下になるようにしたが改善せず。

情報が無いものかとF660Aの管理画面を眺めていると
障害発生時に「ネットワーク>>無線LAN RF2.4G>>接続中の機器」のリストが空白になっているのを発見。
ネットワーク>>LAN>>DHCP固定アドレス割当には20件ほどの表示があるのにこれはおかしい。

状況からみると、ONUのWifiのキャパシティオーバーっぽい雰囲気を感じる…
住人が増えたタイミングとも重なるので説明もつきますね。

対応を素直に考えると、接続台数が多いハイエンドWifiルーターを追加するのが定石か。
どうせ投資するなら家全体のWifi感度を高くしたい…
しかしゴツい業務用ルーターは高い…

という事で調べてみると出てきたのが「メッシュWifi」
ちょっと前まではエンタープライズ向けの商品で、個人レベルではとても手が出せない物というイメージがあったのですが
ホームルーターのハイエンド機と同等かむしろ安いくらいの価格で導入できるっぽい
回線速度には不満はなくエリアを広げたいという我が家のニーズ的にもこっちのほうが向いていそう

というわけで発注したのはTTP-LinkのDeco M5 メッシュWi-Fiユニット

1019-1

開封の儀。あらオシャレ
1019-2

第一印象としては
オシャレなんだけど…なんていうかこう「弱そう」
1019-3

導入は簡単でF660Aの有線ポートにDecoM5を繋ぐだけ。
ブラウザを使っての設定ではなく、スマフォに専用アプリをインストールするという初のパターン。
メイン機を設置後、各階に置いた子機の電源を投入すると自動的に認識されて導入完了。

簡単すぎて物足りないくらい。
ルーター等にくらべると設定できる項目は極端に少なく、SSIDとパスワードくらい。
何かトラブルが起きた時に大変そうな予感はしますが…

スピードテストは良好
1019-4
これまでは別の階に行くとWifiも弱くなっていたけど、家のどこでもほぼフルアンテナ表示になった。
ネットワーク安定性についても今の所いい感じ。しばらく試してみようかと思います。

※後日追記
完全解決です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TPLINK wifiルーター DECO M5 V2 [ac/n/a/g/b] DECOM5V2
価格:20680円(税込、送料無料) (2020/11/24時点)

MacBookProを買い替えてみた

注文してたやつが届きました
箱を開けると同時に我が家で一番ダンボールにうるさいあいつが寄ってくるw

2019-06-24

タッチバーなしの最小構成なのでとくに目を引く点は無いわけですが
新タイプのキーボードになれるのにちょっと時間がかかりそう。
あとはポートがUSB-Cオンリーとなったことの影響が色々と出てきそうだな〜

縛りなしWifiを契約してみた

自営業開始という事もあり外でネット回線を使う機会が増えてきまして。

スマートフォンのデザリングで済ますには荷が重く
かといって固定回線を引くほど先行きが見えているわけでもない

というよくある状況なので解約しやすい回線を探してみたところ見つけた縛りなしWiFiを契約してみた

最近のWifiルーター事情はぜんぜんわからなかったんだけど
LTE系は速度制限がかかると厳しいという状況は昔と変わってないっぽいので、まだマシと思われるWiMAX機で申し込み。

しばらくして、クッション封筒にWifiルーターと充電ケーブルが入っているだけという簡易梱包で届く。
まさかの外箱なしにちょっと驚きましたがこうやってコスト削減する事でトータルコストを下げているんだなーと妙に納得

2019-06-06
有線も使いたくなったのでフリマでクレードルも入手。
機械自体は問題なく使用できております。
当然光よりははるかに遅いけど、事務仕事に使う分には許容範囲かな?

最近のWiMAXは3日で10GBを超えると速度制限がかかる方式。
そんなん使い物にならんだろと思ったけど、実際に通信速度の制限がかかるのは夜間の時間帯のみとの事らしく。
確かに日中の仕事時間帯は速度低下を感じることはありませんでした。

外ではしばらくコレで頑張ってみよ。

※後日追記 解約してもカード請求が続くという状況が発生しました。
課金システムに問題があったっぽいですね。
問い合わせることで返金されましたがちょっともにょっとした気持ち

NURO光開通しました

引っ越しも済んであとはネット回線開通を待つのみ。

前の部屋では単身という事もありコスト重視でADSLだったんですが、今度はそれなりにネットを使う人間が3名も居るので光にします。
光の選択肢も色々と増えてきてますが、どうせなら最も新しいパターンを!
ということで、今年から関西エリアで提供開始がはじまったNURO光に決定〜!

引っ越しが決定した時点(3月)で申し込み、宅内工事はわりと早めに済んでいたのですが
4、5月は引っ越しシーズンってことで屋外工事が順番待ちになってしまったようで。
申込みから3ヶ月以上かかってようやく開通となりました。

※引っ越しから光開通までの2ヶ月間はレンタルWiMAXでしのいでいたんですが、夜間は1Mbpsを切ることもザラでキツイのなんのw

ONUの電源投入して、とりあえず何も設定せずにMacをWifi接続
その状態で計測してみた結果がこちら。

nuro

これまで使った回線の中でもダントツの速度。
うちの使い方だと有線いらんなこりゃ、という感じですね。
快適すぎるぅぅぅ!

光電管計測器への道2

さてマイコンで色々できる気がしてきたので、計測器第1号の作成に入って行きたいます。
まずは、以下の様なシンプルな流れを実装してみたい。
・光電センサのかわりにタクトスイッチで回路作成。
・タクトスイッチをPUSHしたら、マイコン側のリアルタイムクロックからタイムを取得してPC側へ送信。
・PC側では、前回受信したタイム値があれば差を計算して画面表示。

PC側を何で作るべきか迷いました。
環境依存が少なくて、扱いやすい…そんな都合のいいものあるのだろうか?
と思って調べてみると、Arduino系の解説ページでよく使われているProcessingという環境を発見。
試しに使ってみたところ、まさにドンピシャな感じ。
お手軽なのに、Javaのパッケージなどがそのまま使えるのも強いですね。
PC側はこちらで行くことにします。

部品類はArduino エントリーキットで調達した物。
せっかくなので、マイコン側も情報量が多いArduinoで組み込んでみます。
開発環境自体はmbedのほうがクールだけど、開発のリズムはArduinoのほうがいいかな?
単に慣れの問題かもしれません。

色々やってみたらこうなった。

お、意外とそれっぽい!?
ソースはこんな感じです。
あとは光電センサを繋げば使えそう・・・?

続く