ステップワゴンRG1のユーザー車検を受けてきた(2021/11)

前回の車検からあっという間に2年経過。
また車検の季節がやってきました。

走行距離は12万キロを超えましたが日々の使用で特に問題なし。
(たまにマイナートラブルがあるものの随時対応)
車検は特に問題ないだろうという読みですが果たして・・・?

ネットの検査予約システムが刷新されていたのでアカウントを新規作成して前日までに各種点検。
ヘッドライトレンズが相当に曇っており、これはさすがに光量に影響が出ている気がしたので磨いてみました。
電動ドリルにスポンジつけてピカールで磨くこと10分ほど。
素人施工だけど段違いにクリアになりました。

車検当日
毎回めんどくさい書類記入ですが、自動受付システムが導入されていました。

車検証のQRコードを読ませると、車台番号などを印刷された申請用紙が出てきます。
一部手書き項目が残っているものの、かなりの省力化ですね。
印紙なども省略されて完全ペーパーレスになるのはいつの日かな?

検査ラインに突撃したものの、最初の外観検査でまさかのNG
テールランプ下のLEDリフレクターの位置および光量で指摘を受けてしまった・・・
(その後の検査はすべてパス)

今まで気にしてなかったけど、リアのリフレクター位置にも細かい規定があって
発光しないただの反射板なら下縁が地面から「0.25m」以上
LEDリフレクターのように自己発光するなら「0.35m」以上
と違いがあるのだそうで。

うちの車両は前オーナーの手によってリフレクターが交換されていたため、これにひっかかってしまった模様。
スケールをあててみたところ、たしかに下縁が34cm。
前回は何も言われなかったんだけどなー。
(そもそもLEDリフレクターが付いている事にも気づいてなかった)

海外製の質の悪いLED製品が増えているから、灯火系のチェックが厳しくなっているのかもしれませんね(あくまで予想)

本来であればLEDリフレクターを外してノーマルに戻すのが王道。
しかし純正部品は手元にないので代用品で乗り切る方向で。
一旦車検場から出て某コーナンへ移動しハサミでカットできるタイプの反射板を入手。
現車両についてるLEDは光量もだいぶ落ちているので配線をカットし、反射板をはりつけます。

その後車検場に戻って外観のみの再検査。
貼り付けだとNGなんて言われたら困るなとドキドキでしたが、特に指摘されることなく通過!

検査終了後の新車検証発行、かなり待たされるイメージだったけど今回はすぐにもらえました。
自動受付システムの恩恵?ただ空いてただけ?
ま、なにはともあれ車検通過でほっと一息。



グースのリアブレーキパッド交換

会場の都合でここ2週間練習会がないので某所で低速旋回のコソ練。
なぜかリアのフルードが沸騰してしまいました。

リアを沸かせるのなんて久しぶりだなー
そこまで激しいことはしてないんだけどなー

と、よくよく考えたらリアのパッドが減っていたのでした。
パッドが薄くなってるからディスクの熱がキャリパーに伝わりやすくなっていると。
なるほどね。

残り1mmのブレーキパッド

外してみたら最も薄い箇所は残1mm以下。
走行前チェックで減っているのは気づいていたものの、あとちょっとくらいならイけるよな?と思い込んでいたのがよくなかった模様。

入手性がいいからKSRではずっと赤パッドで不満はなかったんですが、グース用として使うにははビミョー。
効き方は好きなんだけどライフが短くてホイールが汚れまくる感じ…
次はベスラのストリート向けパッドを使ってみたいと思います。

ヘルメットを新調した(OGK SHUMA FRAME)

以前から使っているヘルメット、最近さすがにヘタリを感じるようになったので更新です。
これまでミニだったこともありジェット派だったんだけど、17インチにスイッチした事だし次はフルフェイスの方向で探します。

コスパ面からOGKになることは自然の摂理。
システムヘルメットやバイザー付きは重量面で大幅増となってしまうため除外。

そうなるとエアロブレードかなーと思いつつショップで現物を眺めているとSHUMAけっこういいんじゃない?という気がしてきた。
エアロブレードよりは多少重量がある(試着して頭をふると地味にわかる)んだけど、それでもフルフェイスの中では軽いほう。
ウリである大型のベンチレーションに惹かれるものがあり購入決定。
ちょうど新デザインのFLAMEが出たばかりだったのでそちらにしてみました。

OGK SHUMA FRAME

フルグラフィックモデルだけど、他社のソリッドカラーモデルくらいのお値段。
表面はつや消しというか微妙にマットな感じです。

まだまだ暑い中、さっそく練習会で使ってみました。
ジムカーナの速度域で涼しいのか?
と言われると正直微妙。

だけど、8の字GPくらいの速度域でも頭頂部がひんやりする瞬間はありました。
ジェットからの切り替えなのでなれるまでは息苦しいかなと思ったけど、1時間もしないうちに違和感は感じなくなりました。
内装の装着感もいい感じだし、結構気にいった!

Goose250をアップハンドル化してみる(2) ハンドルストッパー加工

前回でトップブリッジはどうにかなりましたので、次は切れ角対策です。
グースのノーマル切れ角はセパレートハンドル向けということもありかなり控えめ。

アップハンに対応できるようにアレをカット
なんかデジャヴ?今回は躊躇などなかった。

お次はハンドルストッパーの新設です。
SVで実績のあるフォーク側にストッパーをつける方法を考えていたのですが
ハンドルを切った時のフォークとフレームの位置関係を確認したところ、三角プレートに何かをネジ止めすれば良さそうだとひらめく。

ためしに三角プレートに穴あけしてゴムブロックを固定。

試乗してみたところ、なんと一発で「切れ角はこれでいいのでは?」という感触が。
ただし、ゴムブロックだとフルロック時の感触がグニョグニョしてちょっと気持ち悪い。
代わりにほぼ同じ厚さのまな板をチョイス。

取って付けたような見た目になってしまいましたが、試乗した限りではフルロック時の感触も問題なさそう!

Goose250をアップハンドル化してみる(1) トップブリッジ加工

昨年後半に乗り換えてから最初に取り組んだのはアップハンドル化。
よくよく考えたら記事化していなかったのでいまさらまとめです。

350(倒立)だと各社から専用トップブリッジキットが発売されていたようですが
AGRAS製は今でも新品購入可能っぽい)
250(正立)用は無いっぽいんですよね。

専用パーツが無いなら、純正トップブリッジを加工して汎用ハンドルポストを装着するしかない。
穴をあけるだけなら簡単ですが、ハンドルバーという重要部品に関わるだけに強度が心配だし、ある程度の精度を出したいところです。

現物を眺めながら慎重に検討してみたところ、メーターステーを固定するための突起がハンドルポストを設置するのに都合のいい配置である事に気づいた。

メーターステーボルトと同径のドリルをボール盤に咥えさせれば垂直出しもできてしまうので実に都合がいいのです。
位置決め位置さえ済めばあとは簡単。
トップブリッジの材質はやわらかいので、あっさり穴あけ完了です。
使用予定ハンドルポストの取り付けボルトサイズまで穴を拡大し、薄くなった突起部分は金鋸でカット。

ハンドルポストは定番の某ハリケーン社ですが、取り付け前に一工夫します。
ハンドルポストのボルトをカット後、センターに穴あけ&タップを切って・・・

メーターステー固定用のゴムマウントを装着。
(ハンドルポストのボルトは、この部品がノーマルと同じ位置関係になる長さでカットしています)

こうすればメーターステーは無加工で純正位置に収まるわけです。

シャキーン。
なかなかいい感じ!

2021宗谷岬ツーリング DAY8 琵琶湖~帰宅

さあ、本日がツーリング最終日となります。
日中に家に到着できればいいというゆるいスケジュールなので、琵琶湖周辺をめぐってから帰る事にしました。
4輪や電車で来たことはあるんだけど、バイクは実は初だったりする。

宿をチェックアウト後、彦根城を眺めつつ北へ。
くねくねした奥びわ湖パークウェイを抜けて展望台に到着。

ド平日の朝、売店もあいてない時間帯という事もあって、バイクどころか人っこ一人いない。
雲が多い天気なのが惜しいんだけど、暑くもなく寒くもなくというほどよい感じなので悪くない。


お次はメタセコイア並木道へ
よく名前を聞いたり写真を見かけたりするけど、通るのははじめて。
北海道の直線もいいけど、こういう風景もまたいいですね。

琵琶湖北側をぐるっとまわって、お次は道の駅藤木の里あどかわで遅めの朝食。
ぎりぎりモーニングタイムだったので、たまごごはんセットを注文。
普通にうまい。
朝食はこういうのでいいんだよな~

そして白髭社を眺める。
琵琶湖はほどよい間隔で見どころがあるのがいいねぇ。
距離は稼げないけど、風景がころころ変わるので退屈しません。


この時点でお昼ごろ。
時間的に丁度よい感じなので、これより先は高速を使って一気に帰ります。

高速を走りながら「次の機会があったらどこへ行くかな」と考えたりする。
今回はキャンプは1泊のみであとはすべて宿だったので気力体力ともまだまだ余裕があるっぽい。

そして日が高いうちに無事に帰宅!
メーターを確認したところ総走行距離は1,448kmでした。
日数の割には走ってない感じがするけど、半分ちかく船の上って考えればこんなもんですね。

階段へ迎えに来た猫氏
おみやげは?という表情(?)

そんなこんなで北海道ツーリング全日程が無事に終了!

とにもかくにも、長年の課題だった「最北端到達」を達成できたのがよかった。
これまでは夏が来て荷物をたくさん積んだ旅ライダーを見かけるたびに
「あー今年も行けなかったよ」
って思ってしまってブルーになる事が多かったんです。
こういう感情って、うまく使えば行動の原動力になるけど、あんまり熟成させすぎると呪いになっちゃうからね~

それなくなるのはほんとにうれしい。
胸のつかえがとれたって奴ですね。
やっと1歩踏み出せた感じがします。
(といってもこれ、20代の頃に考えてたイメージとしては「第1部完」くらいの進行度なんだよね…)

さて次はどこにいこうかな?次は何をしようかな?