「Gooseいぢり」カテゴリーアーカイブ

今日のGoose – ベアリング死亡2

 前回破滅の音と共に崩壊したベアリング。
 部品が届いたので早速交換作業。
 予習した限りでは
 古いベアリングを適当な工具で打ち抜いて
 新品を叩き込むだけの簡単なお仕事です(笑)
 だったはずなのですが・・・
 前輪を外すためシャフトを抜いてみると
 ベアリング崩壊
 ディスク側からポロポロとベアリング玉が・・・
 (元)ベアリング玉だったらしき残骸もちらほら。
 目標の完全死亡を確認、交換を実施する。
 ・・・つうかこれ本気で危ないて。
 今後は定期的に交換しよう。
 案外安い部品だということが判明したので左右共に交換。
 外したベアリングと新品を比べ・・・
 どっちが新?
 るまでもなくもうこれ交換交換!
 ・・・と思ったら問題のディスク側のベアリングが抜けない。
 逆側から打ち抜こうにも
 そもそも形状的に工具がかからない。
 どうすりゃいいんだろこれ。
 専用工具なんて持ってないので
 こりゃー無理だわと早々に見切りをつけて
 早めにショップに助けを求めることに決定。

今日のGoose – ベアリング死亡

 今日~も元気に客先作業~
 休日なので私服でゆったりとね。
 ・・・と客先へと向かう道をGooseで駆けていると
 フロントタイヤあたりがら
 〇≠σр∑в%!!
 というなんともありえない音が。
 ・・・これはアレですかい。
 いわゆるベアリング死亡って奴ですかい。
 ちょっと前から
 ハンドルが微妙にプルプルするな?
 とは思っていたのですが・・・
 ノーメンテ走行4.2万kmともなるとそういう事も起こるんですな。
 ベアリングって幾らするんだろ。

今日のGoose-タンク乗せ換え

 やろうやろうと思いながらもなかなかできずに
 ズルズルと今日まで引き伸ばしてきたガソリンタンク乗せ換え。

 例によって色々忙しくて、帰宅したのが0時あたりだったのですが
 今日やらずにいつやるんだ?
 って事で勢いにのって敢行だ。

 ゴソゴソゴソ。
 わーいできたよー

 中古だけどNew+スズキたんVer2

 9年目にしてやっと純正エンブレムがついたよ超うれしい!
 エンブレムの横のまるで純正部品のようなステッカーはスズキたん2です。

 明日も仕事なのになんでこんな事してるかって?
 ツーリングがあるからに決まってるじゃないですか!(参考)

 来ないと死刑だから☆って脅迫されちゃってるので
 これはもう嫌々ながらも行かざるをえません。

 2/16の8:00に北谷ジ○スコ周辺の空気がかなりおかしくなる模様なので
 興味がある人はヲチしにこればいいと思うよ!

 ※後日追記
 2/16の8:00に北谷ジ○スコ周辺の空気がかなりおかしくなった件

ハイスロその後とガソリンタンクの今後

 うちのGooseに以前装着したActiveのハイスロですが
 ハイスロ錆
 見事にサビが。
 定期的に磨いたりしないといけなかったのか・・・
 完全乗りっぱなし系の僕にはちと高級すぎたか・・・
 機能的には問題ないのでいいんですけどね。
 あと
 昨年10月に入手して以降
 GTD的タスク日次レビューで、必ずといっていいほど優先順位高でリストに挙がるのに
 なぜか全く進捗の無いガソリンタンク乗せ替えも早くどうにかしたいのですが・・・
 Newタンク
 時間がなさすぎ・・・

バイク積み込み&ステッカーあれこれ

 ついに明日に迫った伊計島バイクレース!!
 仕事から帰って、早速Gooseの保安部品の取り外し。
 ミラー、ライト、ウィンカー・・・
 思いの外、ハンドリングが軽くなった。
 これが吉と出るか凶と出るか?
 車体のほうは準備完了、借りてきた軽トラに積み込みだ。
 この日の為に作成した自作ラダーレール、実戦投入!!
 自作ラダーを使って
 ツメをかけて・・・
 積めた!!
 あれ、あっさり積めた。
 普通に使えてしまいました。
 ところで以前テールカウルに貼ったらきすたステッカーですが
 ステッカー色あせ
 見事に色あせ。
 お、俺の嫁がぁぁ(すみません言ってみたかっただけです)
 会社の駐車場で日に当たる左サイドは完全に色が抜けてしまいました。
 ブランド不明のシール台紙がいけなかったのか。
 それとも染料インクの限界か。
 しょうがないから
 ガラーン
 剥がしました。
 (´・ω・`)・・・なんか寂しいな・・・
 ・・・
 ミクさん登場
 よし、完璧だ!!
 タンクもなんか寂しかったので
 スズキたん
 スズキたん貼ってみた(詳しく知りたい方はココ参照)
 うわー
 ※後日追記 ver2貼ってみた

休日バイクメンテ-フォークオイル交換、スプロケ交換

 11/23の伊計島レースを来週にひかえて・・・
 前々からやりたかった、グースのフォークオイル交換とスプロケット交換を本日実行しました。
 まずはジャッキでフロントをアップしてフォークを外す。
 専用のメンテナンススタンド欲しいけどかさばるからなぁ。
 フォークを外す
 外したフォークを眺める。
 うーんさすがに汚いぜ。
 特にブレーキディスク側はダストで真っ黒。
 パーツクリーナーをぶっかけてブラシでゴシゴシ。
 外したフォーク
 スプリングシートストッパを外す。
 サービスマニュアルによると、フロントフォークスペーサホルダという特殊工具が必要。
 だが今回は、かつてGooseスレで教えてもらったジャッキを使う方法でスプリングを圧縮して外す。
 DIYショップで買ったS字フックと、タイダウンベルトを使うとあっさり外せました。
 スプリングを縮める
 フォークオイルを抜く。
 うちのGooseは走行距離4万km超ですが、入手してから初めての交換。
 予想通り真っ黒です。
 サラサラで粘度も足りないような気がする・・・
 すげぇ臭いと聞いていたけど、そんなに臭いはしなかった。
 抜いたフォークオイル
 新品フォークオイル。
 純正グレードです。
 けっこう高いんだ、コレが・・・
 色はワインのような濃い赤。
 SHOWAフォークオイル
 オイルシールやダストシールは新品を。
 この日の為に買っておいたオイルシールインストーラーで叩き込む。
 注射器で油面調整して・・・
 完了、と思いきや、組み付け時にインナーロッドを引っ張り出せない。
 ここにも特殊工具が必要なのね。
 大急ぎでDIYショップへ向かい、M10の長いボルト&ナットを調達。
 ピッチ違いだけど、先っぽが引っかかればいいのでどうにかなりました。
 
 フォークはどうにか完了したので、次はスプロケ。
 ノーマルは前14T、後36T。
 これを、前13T、後ろ38Tに変えローギヤード化します。
 前スプロケはサンスター製13T
 Gooseのスプロケはスナップリングで止めてあるだけなんだね・・・
 100均で調達したスナップリングプライヤーであっさり外れる。
 外した純正品(左)とサンスター製(右)を比べる。
 純正はゴム製ダンパーがついてるが、サンスター製は無い。
 厚みも大分違うようだが大丈夫なんだろうかコレ?
 サンスタースプロケット
 取り付けてみる、若干ガタがあるような気がするけど・・・
 まあいいか。
 お次はリアのスプロケ。
 AFAM製38T
 お約束のゴールドカラー。なんというミーハー。
 チェーンの長さはノーマルでもOKでした。
 AFAMスプロケット
 リアスプロケの固定ボルトは高トルクで締まっているので外すのが大変。
 インパクトレンチ欲しいなぁ。
 そんなこんなで、気が付けば5時間が経過。
 外はすっかり暗くなっている。
 小雨がパラついているが、気にせずにさっそく試乗!!
 フォークについて。
 うーん、激変したという感じはしないが・・・
 バンク角に対してハンドリングがマイルドになったような気がする?
 安心感が増した、というか。
 スプロケについて。
 交換前 3速5000rpmで55km/hが、交換後 50km/hに。
 思ったより変化が無いっすね・・・
 路面が濡れているのであまり無茶はできない。
 今日はここまで。
 あー疲れた。