Goose250をアップハンドル化してみる(1) トップブリッジ加工

昨年後半に乗り換えてから最初に取り組んだのはアップハンドル化。
よくよく考えたら記事化していなかったのでいまさらまとめです。

350(倒立)だと各社から専用トップブリッジキットが発売されていたようですが
AGRAS製は今でも新品購入可能っぽい)
250(正立)用は無いっぽいんですよね。

専用パーツが無いなら、純正トップブリッジを加工して汎用ハンドルポストを装着するしかない。
穴をあけるだけなら簡単ですが、ハンドルバーという重要部品に関わるだけに強度が心配だし、ある程度の精度を出したいところです。

現物を眺めながら慎重に検討してみたところ、メーターステーを固定するための突起がハンドルポストを設置するのに都合のいい配置である事に気づいた。

メーターステーボルトと同径のドリルをボール盤に咥えさせれば垂直出しもできてしまうので実に都合がいいのです。
位置決め位置さえ済めばあとは簡単。
トップブリッジの材質はやわらかいので、あっさり穴あけ完了です。
使用予定ハンドルポストの取り付けボルトサイズまで穴を拡大し、薄くなった突起部分は金鋸でカット。

ハンドルポストは定番の某ハリケーン社ですが、取り付け前に一工夫します。
ハンドルポストのボルトをカット後、センターに穴あけ&タップを切って・・・

メーターステー固定用のゴムマウントを装着。
(ハンドルポストのボルトは、この部品がノーマルと同じ位置関係になる長さでカットしています)

こうすればメーターステーは無加工で純正位置に収まるわけです。

シャキーン。
なかなかいい感じ!