練習会

某車両のバンパーとタイヤ交換、その他の基本的な整備も済み
公道を走る分には特に問題ない状態になったので
いつもの練習会に持ち込んで走ってみた(今回はKSRはお休み)

1021

参加人数が多かったこともあり、試しにちょろっとコースを走ってみたって程度だけど
ぜんぜんダメという訳ではない(すごくイイ訳でもない)
というなんともふわっとした感想…

うーむ

メッシュWifiを導入してみた

この夏あたりから自宅のネットがめちゃくちゃ不安定。

症状としてはWifiが切れる。
繋がっていればHD動画でもサクサクなんですが、そもそものWifi接続が切れてしまうのでにっちもさっちも。
という状態。

回線はNURO光、ONUはF660Aで機器との接続は1台以外はすべてWifi。
早速トラブルシュートです。

状況
・2.4GHzのSSIDに繋いでいる機器のWifi通信不可
・機器側では「インターネット接続無し」「Wifi接続が拒否された」などの表示
・Wifiが接続できてもIPアドレスが未設定になるケースもあり(DHCPが動いていないっぽい)
・5GHz接続は生きている事が多い(ただし不安定)

障害発生時のONU側の状態
・ONUの2.4Gランプは点灯(正常時は点滅)
・ONUを再起動すれば改善する、しかし翌日には同じ現象が発生
・有線で接続すれば通信正常
上記状態から考えると回線そのものは正常で、ONUのWifiまわりに問題があるっぽい。

ネット情報によるとF660Aは1つのSSIDあたりの接続台数が10台という縛りがあるらしく
試しにSSIDを2〜4に増やして個々のSSIDあたりの接続台数が10台以下になるようにしたが改善せず。

情報が無いものかとF660Aの管理画面を眺めていると
障害発生時に「ネットワーク>>無線LAN RF2.4G>>接続中の機器」のリストが空白になっているのを発見。
ネットワーク>>LAN>>DHCP固定アドレス割当には20件ほどの表示があるのにこれはおかしい。

状況からみると、ONUのWifiのキャパシティオーバーっぽい雰囲気を感じる…
住人が増えたタイミングとも重なるので説明もつきますね。

対応を素直に考えると、接続台数が多いハイエンドWifiルーターを追加するのが定石か。
どうせ投資するなら家全体のWifi感度を高くしたい…
しかしゴツい業務用ルーターは高い…

という事で調べてみると出てきたのが「メッシュWifi」
ちょっと前まではエンタープライズ向けの商品で、個人レベルではとても手が出せない物というイメージがあったのですが
ホームルーターのハイエンド機と同等かむしろ安いくらいの価格で導入できるっぽい
回線速度には不満はなくエリアを広げたいという我が家のニーズ的にもこっちのほうが向いていそう

というわけで発注したのはTP-LinkのDeco M5 メッシュWi-Fiユニット
1019-1

開封の儀。あらオシャレ
1019-2

第一印象としては
オシャレなんだけど…なんていうかこう「弱そう」
1019-3

導入は簡単でF660Aの有線ポートにDecoM5を繋ぐだけ。
ブラウザを使っての設定ではなく、スマフォに専用アプリをインストールするという初のパターン。
メイン機を設置後、各階に置いた子機の電源を投入すると自動的に認識されて導入完了。

簡単すぎて物足りないくらい。
ルーター等にくらべると設定できる項目は極端に少なく、SSIDとパスワードくらい。
何かトラブルが起きた時に大変そうな予感はしますが…

スピードテストは良好
1019-4
これまでは別の階に行くとWifiも弱くなっていたけど、家のどこでもほぼフルアンテナ表示になった。
ネットワーク安定性についても今の所いい感じ。しばらく試してみようかと思います。

秘密基地製作日誌4

というわけで
DIYで超頑張って
夢だったエアコン付き整備スペースが完成しました!

外が35度近い日でも整備空間は実に快適。
(湿度が高めなのは床コンクリからの湿気か?まあ許容範囲)

1018-2

当然ですが、空調が効いていると連続作業時間が圧倒的に伸びる。
これまでは真夏の日中だと扇風機フル稼働でも汗だくで数十分もすれば限界でしたが
これなら一日中作業していられるね!

全然関係ないけど床に置いてあった断熱材が爪を研ぐのに最適だと気づいた猫氏
1018-1

過去記事
その3
その2
その1

ステップワゴンRG1 助手席側ドアハンドル不良

さーて週末に向けてトランポにバイクを積むか
そう思って助手席を開けようとしたところ…あかない。
ドアハンドルが出っぱったまま戻らなくなってしまった。

1017-1

仕方ないのでスライドドアを開けて後ろから乗りこみ。
車内側からは問題なく開くところを見るとドアのロック機構は正常。
ドアノブまわりに何かが起こっているっぽい。

前々からちょっと手応えが怪しい気もしていたので内部パーツが折れてるとか削れてるとかそんな感じかな?
まあ10年超10万キロ超ならこの程度の事は起こりますわな。

うちのガレージレイアウトの都合上、運転席側の壁ギリギリに駐車しているので
乗り降りはいつも助手席側からなんですよね。
だから助手席のほうがヘタリが早かった…のか?

いつまでもオートロック状態で乗ってるわけにもいかないのでネットで同色車両の中古ドアハンドルを入手。
中古パーツ豊富なRG1なのでこういう時も困らないのがいい。

内張り外して(参考手順)ドアノブも取り外し

部品を並べて観察。左が正常、右が故障です。
1017-2
黒い四角形のパーツに銀色のパーツの爪が入り込んでいるのが正常。

ドアハンドルを引くと黒い四角形のパーツが引っ込み
それにあわせて銀色のパーツが回転、連結されているロッドを押してドアが開く
というのが本来の動きですが、故障品は摩耗のため銀色パーツが飛び出してしまっている状態でした。

深く考えずにAssyで交換。
問題なくドア開閉するようになりました。
ほっ。

秘密基地製作日誌3

どうにかこうにかガレージを仕切って小部屋を作り上げたのが前回まで
その後デスクやロフトを作り込みネットカフェにありそうな部屋プラスアルファの空間が完成し、事務作業と寝床は確保できました。

その先どこまで作り込むべきかちょっと迷っていたのですが
持続化給付金も支給されたことだし、ここは給付の意義にのっとって「持続化するための投資」をするべきと判断
さらなる作業スペース構築に手を出してみる事にしました

まずは作業前
前回までで構築した壁に棚などを借り付けして少し便利になりました
1016-1
原状回復なんて考えなくていいから「あっここに棚欲しいな」って思ったら即コーススレッドを打って作り込む。
控えめに言ってもQOL爆上がりです。

前回と同様にツーバイフォーで柱組。
各種固定方法に悩まなくていいから作業速度がかなりUP。
我ながら手慣れた感じになってきた
1016-2

作業台の端材で居眠りして邪魔する猫氏
1016-5

OSB貼って〜
1016-3

開口部は吊り戸にしてみた。
この空間は整備スペースとする予定なのでゆとりをもってバイクが通せるようにしたかったので。
1016-4
精度的にはドアよりゆるくてもいいから、思ったよりも簡単。

なかなかいい感じになってきました。

続く?