大阪から沖縄へ125ccバイク(シグナスX)を輸送してみた

KSRが不調でドッグ入りなので、練習会に2月ごろ入手したシグナスを持ち込んで使用してみました。

わりと大柄なボディ、遠心クラッチ特有のラグに少々戸惑ったものの、やはりハイグリップタイヤの安心感は段違い。
今すぐKSRと同等のタイムを出せって言われたら苦しいけど、ビグスクで走るよりはずっと攻められる。
ハンドル切れ角やサスまわりを調整すればそこそこイケるのではないか!?という感触。

そんな訳で、帰省時の足兼大会出場車両として地元に持っていく事に決定〜!
とはいえ、さすがに48時間かけて有人で運ぶのはちょっとアレすぎるので却下
マルエーフェリーさんに問い合わせたところ、無人航送もOKとの事。
ちょうど帰省予定があったので、それに合わせて発送する事に。

さっそくシグナスをトランポに積み込んで南港事務所に持ち込み。
シグナスはモビリオに載りました。
※ただし開口部通過時はメーター部分がひっかかるので、フォークを縮める必要あり
モビリオにシグナス積載

発送手続きは宅急便送るのと変わらないレベルであっさり完了。
125ccクラスの運賃は約1万3千円でした。
思ったよりやすい。
※変動があるみたいなので、これから送る方は要問合せ。事前予約も必要。また、港着から受け取りまで日数制限などもあるみたいです

250ccクラスの運賃でも1.6万円程との事。
車両は無人航送、人の移動はLCCの安い便を選べば、往復でトータル5万円内に収める事もできそう。
この価格なら本土-沖縄ツーリングも十分いけるかもしれないですな〜

問題は港までのアクセスか。
トランポがあれば問題ないけど、南港も那覇もアクセスが良いとは言えないからね。

帰省して数日後、船到着の連絡を受け、那覇新港の貨物置き場で車両受け取り手続き。
何の問題もなく車両輸送完了!

後日追記
沖縄バイクジムカーナに参戦してきた


コメントを残す