モビリオ 加速時息つきの現象発生(コイルとプラグ交換で解決)

トランポとして大活躍中のモビリオ。
特に問題もなく10万キロ超えた〜
というエントリを投稿した直後にトラブル発生w

症状としては
アクセルを踏み込んで加速する時にガクガクっと息つき。
アイドリングやある程度エンジン回転数が上がっている状態では発生せず。
(信号スタート、国道合流の加速時にも起こるので速度は無関係っぽい)

「モビリオ ガクガク」で検索してみると同様の事例が多数。
イグニッションコイル不良が原因である事がほとんどみたいだ。
コイル自体の寿命がだいたい10万キロと言われてるらしく、ドンピシャですな...

ネット上の作業ログを見る限り、作業難易度はそれほどでもなく、自宅整備スペースでどうにかできそう。
しかし1点問題が。
GB1モビリオは、ツインプラグ車だった!
って事はプラグも8本、コイルも8個。
ハイ、純正部品の選択肢消えた〜(1本あたり約5千円。無理すぎ。)

海外製の新品パーツなら8本で2万円以下だけど、例によって品質にバラツキがある模様...
四輪であまり冒険はしたくないなー。
某オクをあたってみたら、ちょうど純正中古が手頃な価格で出ていたのでそちらで行くことに。
保証はないけど、8本全部不良って事もないだろうし?

2017-11-22-01

コイル自体は8mmボルトで固定されているだけなんですが、狭いボンネットの中なので作業空間が限られていて大変(特にリア側)
リア側右奥のコイルを固定しているボルトがナメそうになってしまいかなり冷や汗
ふだんならなんてことない作業なんだけど、力がかけにくので油断すると危ない危ない。
インパクト+90度変換アダプタでどうにか事なきをえました。

せっかくだしプラグも全品チェック。
プラグ外しに予想外の高トルクが必要で、音もギギギーとかなり不吉な感じ。
小型のラチェットと複数の長さのエクステンションを駆使してどうにか外しdone。

ぱっと見でわかるくらい中心電極が減っている...
せっかくだしイリジウム投入したいとこだけど、8本となると無理でした..
すべてNGKのBKR6E-11新品にチェンジ。

2017-11-22-2

そういやフロント側はデンソー、リア側はNGKのプラグがささっていました。
ネット上の記事によると、どうやら新車時からその組み合わせらしい。
ん...?って事は新車から今まで1度も交換無しだったっていう事だろうか...?
んー...

中古コイルを組み込み、無事にエンジン始動確認(ほっ)。
息つき現象は見事に改善!

せっかくなのでバッテリー外してECUリセットを試してみる
アイドリングの回転数が微妙に下がり(タコメーター読みで900→800といった感触)
停止からラフにスタートすると出るギクシャク感もかなり軽減された感。

かかった費用はトータル1万円でおつりがくるくらい。
助かった〜


KSR110にYSSリアサス投入

ついに!
この日が!

いつかはと思いながらも、その価格ゆえになかなか手を出せなかった...
そう、リアサスペンション交換!

これまでは武◯とかキ◯コの実売1万円切りの物しか使ったことなかったんですよ。
何しろオーリ◯ズとかナ◯トロンとかのフルアジャスタブルモデルだと余裕の10万超えだし...
車体の購入価格とかわらん

それでも去年はまずまずの結果が出せたけど、調整できるのがプリロードだけだとやはり細かいところを追求できない。
リアの減衰が足りてないという指摘を複数回受けたりして必要性が高まる中、たまたまYSSのMX366の処分品を発見!
仮にオーバーホールに出したとしても新品よりはだいぶおトクな価格だったので勇気を出して購入じゃー!

車高調は無いものの、伸び・縮みの減衰はしっかりの調整可能。
別体式タンクが眩しい...!
2017-11-23-1

開封の儀もそこそこに取り付け作業
ポン付けできるのかと思いきやバッテリーケースの一部カットが必要。
金バサミでジョキジョキ。
サブタンクの取り付けも、付属ステーはどうやら車種専用品ではないらしく、フレームの太さと合わなくて使えない。
市販ステーや結束バンドを駆使して仮付け。

ここで問題が発生
なんとエキパイがサスペンション本体に接触する...
現在のマフラーはツキギのセンターアップ。
エキパイはエンジン底面からスイングアームの内側を通り、リアサスの下部取り付けボルト辺りからテールカウル内へと立ち上がるレイアウト。
キタコサスだとエキパイエリアに空間があるので問題なかったんですが、YSSだと下側のスプリングシートがエキパイとモロに接触。
困った...

ものは試しということで、エキパイ・マフラーの取り付けボルトをいったん緩め、サスに接触しない方向にテンションをかけながら締めてみたら

2017-11-23-2

かなーりギリギリながらも、どうにか当たらない位置に収めることができました
でもクリアランス3mmくらいしかないよ...大丈夫かいな?

サス全長がノーマルより長くなった関係上、そのままではけっこうな尻上がり感
とりあえず減衰最弱でシートにまたがりドカっと体重をかけてみる。
縮み側は前とあまり変わらない気がするけど、戻りは伸びの減衰が効いているのがよく分かる。

次回の走行が楽しみだ!


モビリオキリ番

めでたく10万キロ〜

2017-10-22

といっても購入時(2015/10月)に8.4万だったので実はたいして走ってない。
今のところ目立ったトラブルは無し、燃費も良好でとてもコスパに優れる感じ。

どうでもいいけどキリ番って死語だよね


ゆうプリタッチがイケている件

21世紀にもなって宛名ラベル手書きなんてやってられっか!
って事でヤフオク等で便利だったはこBOONが無くなってしまいました...

そのかわり郵便局と連動が開始してたっぽい(コンビニ発送はトラブっているみたいですが)
最寄り郵便局にラベルプリンタが設置されてる事がわかったので早速使ってみました。

これかー。
2017-08-21
第一印象として、いまいちイケてない...
タッチパネルのコンビニ端末とくらべると、業務用機器感あふれる垢抜けないデザイン...

スマートフォンのバーコードを読み取らせるのにちょっとコツがいる感じか。
スマフォ側の液晶の明るさ最大にすればあっさり読み取りOK
いざという時はバーコードリーダーを取り外して画面に押し当てたりもできる模様です。

発行されたラベルと荷物を持って窓口へ。
コンビニだとレシート発行→レジで読み取りして送り状発行→貼り付けというステップを踏む必要があり
さらに店員さんのスキルによってかなりもたつく場合もあるんですが...

ゆうプリタッチは印刷物自体が送り状ラベルになるし、
サイズ計測からラベル貼り付けまでの発送処理も、荷物のプロの郵便局窓口担当さんの手でスパっと完了!

実を言うと「近所に24時間ゆうゆう窓口がないので使い勝手が悪くなるな」って思ってたんですが
この手際のよさなら、全然オッケー!
「いまいちイケてない」なんて言ってすまんかった!


初音ミクさんがこの10年で失ったもの

あっという間に10年経過。
そして今日この日に全国紙の一面広告!!
2017-08-31
しびれるね...!!

10年前つったらアレですよ
このか細い声が今にも世界から消えてしまいそうで、みんなやきもきしていた時期ですよ。

当時誰もが感じていたであろう「儚さ」みたいなもの
10年経った今、それは失われたなと思います。
もちろん、いい意味で。

それどころかこんなにも世界に響き渡る事になるなんてほんとに予想できなかったよな〜と。

次の10年も楽しみだな〜!!

ベタだけど


2ストスクーターのエンジンオーバーホールしてみた

不調が続いていたKSRですが、どうやら原因はミッションっぽいって事で作業中断中...
腰下ともなると失敗したらリカバリが効かない可能性も高いのでなかなか手が出せず。
実は腰下って1度もやった事が無いんですよね...

ようやく予備エンジンも確保できたので急ぐ必要もなくなり、じっくり取り組む事にしました。
という訳で。
まずは構造が単純な2ストスクーターで腰下分解整備の感覚を試してみることにします。

某オクにて、エンジンかかるけど異音ありという触れ込みの2ストディオを1万チョイで入手。
作業失敗で廃棄する事になってもこのお値段なら授業料として我慢できるし...という言い訳を用意

現状は
・セルで普通に始動
・アイドリング安定でメーターいっぱいまで加速もする
・回転を上げるとモーターのような轟音がするという状態。
まあ十中八九クランクベアリングであろうと思われます。

パーツを揃えたら、エンジンおろしてクランク割ってベアリング交換です。
クランクケースセパレーターやベアリングプーラー、クランクインストーラーなどなど結構な数の特殊工具が必要になりますが、激安工具が入手できる今の時代ならそれほど苦もなく揃えられるのがありがたい。
2017-08-05-1
ATなのでケース内にミッション類は無く、クランクがあるだけ。
当然っちゃ当然なんだけど、こんなに単純な構造なんだな〜ととても新鮮。

ついでに駆動系ベアリングもリフレッシュ。
2017-08-05-2
サラっと書いてますが、手際の悪さや工具不足でここまでくるのに相当時間かかってますw

どうにかこうにか組み上げ完了。
ドキドキの始動もクリア、異音はなくなり快適に走るようになりました。
作業完了!

しかしびっくりしたのが2スト50の早いこと早いこと。
アクセルあければあっさりとメーター振り切りまで加速してくれる。
ここしばらくはずっと非力なカブばかりだったので、余計にそう感じました。
まあ燃費はアレですけどね...

せっかくなので練習会に持ち込んで、息子8の字GP初挑戦。

あれ意外といいかんじ?


VRがやってきた

1度だけソニーストアで体験して「こりゃ買うわ」と決めたものの
発売からだいぶ時間が経ったのに、未だにさっぱり買えないPSVR

あきらめるかしか無いのか...と思っていたそんなおり、Twitter繋がりで入手できるチャンスが!
すかさず確保をお願いして、やってきましたVR!

2017-07-24-1

息子のPS4に接続しさっそく体験、1発目はKITCHENだっ!
最初は違和感があるものの、少し経てばすぐ慣れる。
視点移動にラグもないし、スマホVRよりずっとマシな解像度のお陰で臨場感抜群。

2017-07-24-2

ホラー的な恐怖感もそうなんだけど、刃物がヤバイ。
VRだってわかっていても思わずよけちゃいますねコレ...

わずか数分、能動的に移動する事もできないし、内容はほぼムービーなんだけど、これだけでも結構な疲労感。
これでがっつりゲームをやるなら相当体力要りそうな気がしました。