どっかで聞いた話に尾ひれをつけてみる

 
 旅人が、レンガを積んでいる男達に
 「君達は何をしている」
 と聞いた。
 最初の男は
 「レンガを積んでいる」
 と答えた。
 二人目の男は
 「壁を造っている」
 と答えた。
 三人目の男は
 「城を建てている」
 と答えた。
 時が過ぎ
 一人目の男は、国一番のレンガ職人として名を残した。
 二人目の男が造った壁は、長きにわたり敵を退けた。
 三人目の男が建てた城は、名城として讃えられた。
 特に意味はない。
 先にネガティブバージョンのほうが思い浮かんだのだけれど
 あまりにもアレだったので封印。


コメントを残す