ビグスクに乗ってみた

 うちの父がビグスクに興味を持った模様。
 ショップに中古があるようだから
 とりあえず見てきてみたら?
 と勧めてみました。
 翌日に話を聞いてみたら
 もう注文してきたそうです。
 決断早すぎワロス。
 どうやら現地で見てピコーンと来てしまったらしい。
 (いやでもそういうのって大事だよね)
 という訳で先日納車されたSYM RV250。
 早速乗せて貰いました。
 SYM RV250
 これがビグスク及び外車へのファーストコンタクト。
 遅すぎますねそうですね。
 Gooseより重くデカい車体、Gooseより低いパワー。
 って事であんまり期待していなかったんですが...
 さてさて?
 第一印象。
 デカいなぁ。
 重そうだなぁ。
 HIDとかLEDランプとかイモビライザーってもう普通なんだなぁ。
 シートでかっ、トランク広っ。
 乗ってみる。
 腰をシートに預ければほぼ全身脱力状態で乗れる。
 この楽チンさ加減はいったいなんだ。
 と思ったらこれつまりクルマに乗ってる感覚だ。
 信号待ちで止まるとき本気で足を出すのを忘れそうになりました。
 もう少しシートが低ければなぁという気もするけどこれも許容範囲かな。
 登りでアクセル開けてみましたが、加速力もそんなに不満は感じない。
 法定速度+αなら全然問題無いすね。
 当然シフトチェンジも無しなので渋滞も楽々。
 車重・車格についても、思ったよりは気にならない。
 トータル30分くらいしか乗ってないのですが総合評価。
 ああコレ普通にアリだわ。

 ビグスクって、ありえない車両価格なのにポンポン売れてるらしいので
 何がそんなにいいのかなー?
 実はATに乗ったら負けだと思っている。
 とか思っていたんですが...
 売れる理由がなんとなくわかった気がしました。
 資金に余裕があったら1台ほしいなとか本気で思いましたとさ。


コメントを残す