休日読書 – 世界を駆けるゾ!~20代編~

 本日は有給を取りました。
 溜まりに溜まったプライベートタスクをどうにかする為に。
 で、色々やって27件消化しました。
 わーい。
 ・・・みたいなぬるい事を書いて一日を〆ようと思ってたんですが
 そんな場合じゃねーやこれ。
 ■世界を駆けるゾ! 20代編/賀曽利 隆<
 1999年発行の本書を今になってようやく読み始めた訳です。
 実はまだ前半数十ページしか読んでいないんですが・・・
 もう既にヤバい。
 以下感想文。


 大学受験に失敗し
 浪人はしないと決意し
 親の理解は得られないと悟り
 家出を決意した賀曽利(あえて呼び捨てさせて頂きます)青年の書き置きが↓だ。

 「入試を受けたあと、ぼくは結果を見ないうちから、
 合格したつもりでいました。
 そして考えたのです。
 大学を卒業する、
 会社に就職する、
 上役の顔色を見ながら身を削って仕事に精を出す、
 結婚する、
 安定した家庭生活を送る-
 このような将来像のなかで、
 いったいどこで
 子供のころから抱いていた
 漠とした夢を実現させればいいのでしょうか。
 いったいどこで自分の情熱を発揮させればいいのでしょう。
 そう考えたとき、
 自分自身がすごく小さくなってしまったような気がして、
 いたたまれないほどの焦燥感にとらわれました。
 いけない、飛び出さなくては!
 と強く思ったのです。
 入試の結果を見て、
 落ちたのがわかったときは、
 正直いってショックでした。
 しかし、それと同時に、今がチャンスだ、今をおいてほかにないと、
 煽られるような気持ちのたかぶりもありました。
 どうぞ、ぼくのわがままを許してください。」

 どうよこれ!?
 お金はもちろん、経験も人脈も、何ひとつ無い若者がコレだよ?
 賀曽利氏といえば、今でこそ
 ○×走破!とか
 △○達成!とか
 そういうのが代名詞ですけど。
 それってポッとできるようになった訳じゃなくて
 十代の頃から既に根っこがあって
 その囁きに本気で向かい合ってきた結果なんだな。
 と今更ながら理解。
 「ここにいてはいけない!」
 「ここにいたら殺される!」
 みたいな事を感じ取れる本能(みたいなもの?)
 僕も微妙にシンクロ感があるんですよねぇ。
 んで、今日この日に何を選択したのかが
 10年後20年後にダイレクトに繋がってるって事を再認識。
 ・・・やっばいなぁ、こういうの読んじゃうと。
 十年前から積み残したまんまの、宗谷岬到達のタスク。
 今年の夏にこいつをどうにか消化してやろうとか
 本気で考え始めちゃいそうなんですが・・・


コメントを残す