テレビを見る事についてあれこれ

 はてブ経由で面白そうな発言を発見。
 ■「テレビつまらない」「テレビ見ない」アピールはネット依存型中二病の始まりですね。
 あえて分類するなら僕も「テレビ見ない(見れない)」派なんですが
 一言で済ますのもちょっとアレなんで
 条件反射的に補足してみるテスト。
 TV(地上波)に限らずラジオもBSもCSもひとくくりにして考えていいですか?
 ・決まった時間にそこに居ないと見れない(聞けない)ってのがまずありえない。
 ・事前に番組表をチェックしなきゃならないってのがかなり無理ぽ。
 ・あとで見る為に録画というめんどくさい作業をしなければならないので工数的に無理。
  録画しようと思ってDVDレコーダー買った事もありましたが結局1度も使わなかったなぁ。
  HDDレコーダー?なにそれ食えるの?
 ・たれ流しという見方もあるらしいけど、僕にとってはそれも無いです。
  Webを見る時だって、興味がない記事だったら速攻でタブ閉じますよね?
  苦痛を感じながらもそのまま見続けるなんて選択しないですよね?
  それと同じで、雑音流すくらいなら電源落としますって。
  VOCALOIDチャンネルとかあったらちょっと考えちゃうけどw
 そんな感じなので、僕にとって「TVを見る」という行為は
 ・そこでしか見れない
 ・それを見たい
 ・その時間に他の優先タスクが無い
 等の諸条件がパーフェクトに揃った時のみ発動する、かなりレアな選択肢なんですが…
 TV嫌いとかネットのほうがいいとかいう話はおいといて
 時間に追われる毎日を送っていたら普通そうなりません?
 「あとで見る」タグをつけたものの全く消化できず
 ブックマークだけが延々と増殖し続ける日々。
 貧乏暇なしとはよく言ったもんです・・・
 これって中二病なのかな?
 わーい病人だー


コメントを残す