ハブのポート不良

 今週末は連休じゃないか!
 今の所仕事はオンスケなので、フルに休めるな。
 伊計以降Gooseのリアブレーキがギューギュー鳴くようになったので
 今日はメンテでもしてみるかな?
 と思っていたら会社から電話が。
 「お客さんのシステム止まったヘルプミー」
 え!!マジすか!!
 急いで現場へ直行。


 現象確認。
 クライアント上のモジュールからDBに繋がらない。
 サーバーにPINGが通らない。
 ipconfiglしたらDHCPでアドレスが取れてない。
 DHCPが死んでるのか?
 サーバーのサービスを確認。
 DCHPは正常稼動中。
 DNSも問題なし。
 あれれ?
 もう1台サーバーがあるので
 試しにそちらからゲートウェイにPING
 ちゃんと返ってきた。
 繋がらないサーバーからゲートウェイにPING
 返ってこない。
 2台のサーバーは同一ハブに繋がっているので
 あと疑うのはLANケーブルかハブの異常。
 ハブを再起動。状況に変化無し。
 ケーブルが刺さってるポートを変更。
 PINGが通った。
 コレか!!
 話には聞いた事があるのですが、
 ハブの特定ポートがおかしくなる現象ははじめて見た。
 勉強になりました。
 とりあえず業務が再開できてなにより。
 でもなんだか不安なのでハブは新品に換えてもらったほうがよさげ。
 1つの経路が死んだら業務が止まるのもヤバいな。
 ネットワークの冗長化ってどうやるんだろう?


コメントを残す