ザクティ(DMX-CG65)で車載カメラ

 車載カメラ。
 それはバイク乗りのロマン(?)。
 そもそもザクティを買ったのはコレが目的なんですよ。
 という訳で、連休を利用して車載カメラ用マウント第1弾を製作しました。
 バイク車体への固定方法は色々あるけど、まずはオーソドックスに。
 カメラ用雲母を流用してマウントしてみたいと思います。
 まずは近場のカメラのキタムラで安い三脚を買ってきました。
 カメラ用品の事はよーわからんのですが・・・
 とりあえず雲台がバラせそうな奴を選びました。
 Kingレインボー8段三脚AK-RB8、2,090円也。
AK-RB8
 早速バラします。
 雲台と三脚は8mmのボルトで留まっていました。
 場所が場所だけに普通のソケットレンチでは届きません。
 ディープソケットを使ってボルトをゆるめて、この通り。
三脚バラしました
 足は・・・これで退場です。
 ええ、足なんて飾りです。偉い人には(略
 バラした雲台を、DIYショップで買ってきたL型ステー2枚と組み合わせて・・・
 Gooseのフロント周りを眺めて検討した結果、とりあえず右ハンドルのボルトで固定。
 ザクティを乗せてみる。
Gooseに車載カメラ
 フロントから見るとこんな感じ。
車載カメラ、フロントから
 アイドリングでザクティ本体がプルプルするのが気になりますが・・・
 とりあえず撮影はできました。
 理想的にはタコメーターを画面内に写し込みたいのですが。
 それはまた今度。
 ※追記 車載カメラで撮ってみたよ


2 comments to this article

  1. C

    on 2007年10月10日 at 18:29 - 返信

    Xactiシリーズは三脚用の穴が弱いらしいです。
    ボディーごと支えるステーがあったほうがいいらしいですよ。

  2. やましろ

    on 2007年10月10日 at 22:55 - 返信

    なるほど。
    たしかにネジ穴はプラスチックで弱っちい感じですね。
    ハードに乗ったらそのままもげてしまいそう。
    改良せねば。

コメントを残す