全力で謝る人々の姿が面白い件

 いやぁ、ニコニコ動画面白いなぁ。
 子供達を寝かしつけた後、一人ゆっくりニコニコ鑑賞が日課になってるよ。
 沖縄じゃ放映されない、レンタル屋にも並ばない、そんな作品を観られるのはネットならでは。
 ところで、TV放送されるアニメには
 「最近、インターネット上での不正な利用が多発しております~云々」
 という警告文が流れるのが最近のスタンダード。
 でも実際のところは、ふんぞり返ってハナクソほじりながら
 「著作権?コピーワンス?
  ファックファック!!
  知るかそんなもん さあこの俺様にアヌメを見せろ

 と、のたまうのがユーザーの真の姿。
 ・・・と思っていませんか?
 違うんだなぁ。
 その動画をネットで見る事の罪を認め、ちゃんと謝っている人たちがいるんですよ。
 その人々とは何を隠そうニコニコ住人。
 説明するのもメンドクサいんで実際に見てください。
 ハイパーサーセンタイム
 ほらね、ひたすら平身低頭に
 「サーセン」
 「サーセン」
 「本当にサーセン」
 って・・・
 この誠意、あなたにも伝わったでしょう?
 この動画を見た僕も、思わずコメントしてしまうんだ。
 「ほんとサーセン」
 続きはWebで。
 
 ※ハイパーサーセンタイムは5分30秒辺りからスタートです。
 ※コメントは生ものです。いつの間にかハイパーサーセンタイムは終了しているかもしれません。ご了承下さい。


コメントを残す