野望実現の為に

 例の個人的野望を実現させるためには、今のうちから色々仕込んでやらねばならない!
 その為にはどうすればいいか?
 無い知恵ひねって色々考えてみた。
 で、まずは物量で押してみる事にしました。
 ビ○オ1で100円で借りられるのをいい事に、色々借りてきて無理やり観せてみる。
 各作品の第1巻を観せてみて、好評なら続けるというスタイルで行ってみます。
 ニコ動の「第1話リンク」タグのノリです。
 そんな訳で以下、ここ一週間で子供らに学習(?)させた物リスト。
 (基本セット)
 ・ハ○ヒ1(そこそこ好評)
 ・ら○すた1(娘に好評。つかさが好きらしい)
 (サイドメニュー)
 ・プラ○テス1(評価は微妙。まだ早かったかな?)
 ・CCさ○ら1(娘に好評)
 ・カ○イドスター1~3(娘が信者になりつつある。意外と息子にも好評)
 ・エ○レカセブン1(そこそこ好評)
 ・ノ○イン1(これは無理だろと思ったが、思いの外息子に好評)
 (一般人向けメニュー)
 ・バックトゥザフューチャー1~3(ド○えもんのタイムマシンよりかっこいいと、息子に大好評)
 ・グーニーズ(息子に大好評)
 

 正直ヌルすぎてちょっとなーと思うのですが
 まあ最初はこんなもんですかね。
 PC関係では、とりあえず息子にキーボードタイピングを早く学ばせたいのだが
 なかなかいい方法が無いなぁ。


社内サーバーにWiki導入

 自社の開発ドキュメントからOfficeを撲滅すべく(笑)ちまちまと活動をしている訳ですが。
 hiroK氏のありがたいコメントの支援があり、更に上司からGoが出たのでようやくWiki導入。
 Wikiにも色々種類がありますが、まずは無難にPukiWikiを選択。
 インストール対象は社内の既存Windows鯖です。
 XAMPPで環境作ってPukiWikiをコピるだけでインストール完了。
 超楽ちんだ素晴らしい。
 現在のバージョンだと、初期状態でbugtrackプラグインとか入ってるんですね、これはいいな。
 実は以前にも実務でWikiを使っていた事があるのですが、それはプロジェクトに依存していたため
 PJ終了後は誰も触る人がいなくなり自然消滅してしまったという苦い経験があるのです。
 今回はその反省もふまえ
 社内の日常業務にがっつりリンクするようにしてやりました。
 これでもう社員は毎日ガンガン更新できるしWikiが止まる理由はなくなりました。
 今後の展開が楽しみです。


リアルで痛単車との遭遇3

 前回パワァアップした車両を見せてくれた彼ですが
 前にもお話した通りそれはサブ用途で
 本命は別にある。
 見たいなー見たいなー
 と思っていたら写真が届きました。
 痛ベルシス1
 痛ベルシス2
 痛ベルシス3
 VERSYSなんていう変t・・・いや個性的な車両を選択しちゃうそのセンスもアレですが
 それを更にこうしちゃうのってなんかすげーや。
 沖縄の将来は割と安心なのかもしれない(?)
 はやく実車が見たいなぁ。
 ※その1はこちら
 ※その2はこちら
 ※4輪はこちら
 ※自転車はこちら