グーストラブルシューティング

本日午前中は長男の授業参観日だったので参加してきた。
参加した授業は図工。
長男は日頃、家でも工作ばっかりしているのでいつもと変わらない姿。
帰ってきてからさっそくGooseのトラブルシューティング開始。
タンクとサイドカバーを外す。
プラグを外しセルを回して状況確認。
うむ、まったく火花が飛んでない。
コレですな!
止まったときの状況からステーターコイル死亡説が一番怪しいと感じていたので、まずはそちらから。
kamoairさんのところの資料とサービスマニュアル片手にテスターで計測開始。
茶 - 白 498Ω
黄 - 黄 0.7Ω
緑 - 青 515Ω
黄 - 灰 515Ω
・・・どれも基準値。
(参考:kamoairさんのところのステーターコイル解析資料)
どうやらステーターコイル系統は正常なようだ。
続いて点火コイルの確認。

  A B C
A - 4.26kΩ 4.28kΩ
B 4.2kΩ - 0.5Ω
C 4.26kΩ 0.6Ω -

(参考:kamoairさんの所の点火コイル資料)
おやっ、STDの資料と比べるとA-B、A-Cの値が大分違う。
コレかな?
でもプラグコード変えた場合の資料と比べるとそんなに違わないんだよね・・・
とりあえず点火コイルを新品にしてみようか。


コメントを残す