レストアその5 ブレーキのオーバーホール


 エンジン系は元通りになったので、次はブレーキ。
 4年乗車+10ヶ月放置の結果、固着して引きずっています。
 時期的にもオーバーホールの時期なので、やっちゃいます。
 オーバーホールちゅうても、掃除とシール類の交換だけなんですけどね。
 楽チン♪

 ・・・と、この時の僕は作業を甘く見ていた・・・

 まずね、ピストンが抜けねーの。
 サービスマニュアルによるとエアツールでスポンと抜けるらしいのですが・・・
 そもそもコンプレッサーなんぞ持ってないし。

 外したキャリパーをショップへ持ち込みヘルプ願い。
 エアで吹いても抜けない程固着しておりました(泣
 こうなってしまったら、油圧で抜くしかないとのアドバイスを受け再び自宅作業。



 ブレーキのエア抜きをした上でレバーを動かすと、1つのピストンのみ動く模様。
 そのピストンはそのまま抜き、シール類交換。
 旧シール類を取り外し、ゴムのカス等をキレイに取り去って新品シールを取り付け。
 ピストン表面に浮いたサビをペーパーで馴らして組み付け!

 ってあと3つもあるのか・・・
 こうなってくると、対向4ポッドが恨めしい。

 再度フルード充填、エア抜き。、
 交換完了済みピストンが動かないよう100均クランプで固定した上でレバーをポンピングすると・・・
 グググッと、他の1つが動いた!!
 ※ここでも100均工具が大活躍!!今回はC型&F型クランプ也。

 そのままピストンが抜けるまでポンピング。
 ピストンが抜けてしまえばこっちのもの。
 抜いたらシールを交換し、再度フルード充填&エア抜き・・・
 これを繰り返して、やっとこさフロントブレーキのオーバーホールが完了しました。

 外した旧シール類は、硬化してヘロヘロ。
 ダストシールに至っては干乾びたミミズのように・・・


 正直、この作業ナメてました・・・
 セル直すより時間掛かったし・・・


前へ  ガレージへ戻る  次回・・・何しようかな(汗


2005/11/02更新