レストアその2 外れてくれよセルモーター!


 さて、セルモーターを駆動する重要部品のリレーは新品となりました。
 うんとこしょ、どっこいしょ、それでもセルはまわりません。

 テスターによる調査では、セルの+端子とフレーム間にはしっかり電圧がかかっています。
 それでも回らないということは・・・
 セルモーター本体の故障を疑わねばなるまい。

 ・・・となると当然、セルモーターを取り外す必要があります。
 で、Gooseのセルモーターってのが・・・
 エンジンとフレームとキャブとその他諸々に囲まれた非常にビミョーな位置にありまして。

セルモーターの位置

 「ひょっとしてセル外すのにエンジン下ろさなきゃならねーんじゃねーか
  そんな馬鹿な、いやでもスズキだし・・・
 という嫌な予感が頭をよぎります。

 困ったときの2ch頼み、Goose乗りのタマ知恵袋、バイク板Gooseスレにて質問。
 このスペースに入る小さいラチェット、あるいは長いヘキサゴンレンチがあれば外せるとの情報Get!!
 感謝感激雨あられ!!

 残念なことに僕のメイン工具は実家から強奪してきた頂いてきた1/2規格。
 ラチェットの頭もデカいのでこのスペースには入りません。

 でも、この為だけに高い金だして小さいラチェット買うのもアレなので・・・
 (メーカー品のラチェットは高いんですよー)
 ここはひとつ、100均SHOPへGO!
 小さいラチェットレンチ・・・300円
 フレキシブルジョイント・・・100円
 ソケットレンチで電動ドライバ用ビットを使えるアダプタ・・・100円

100均工具でGo
 ※ビット自体はさすがに100均の品を試す勇気が無いので、しっかりした物を使います。



 さて作業に入ります。
 シート、タンク、サイドカバー等の外装類を一通り外し。
 セルモーターを取り囲むように配置されているオイルパイプとカムチェーンテンショナーを外し。
 ・・・いざセル取り外し!!

 入手した工具を使って、セルモーターを固定する2本のヘキサゴンボルトをゆっくりと緩める・・・
 やった!やりました!!
 さほど句も無くセルモーターを取り外すことが出来ました!!
 100均工具大活躍!払った金額500円。
 スムーズにモーターを外せた事・・・priceless!!



 さて、とりはずしたモーターを眺める。
 しかしキタネーな。
 ギア部分はかなりサビてるし、おまけになんか変な遊星から来たような物体が付着してるし・・・
 なんかヤバげです・・・
 どうしよう。


前へ  ガレージへ戻る  次回・・・セルモーターを○○するぞ!!(何だよ)


2005/11/01更新