レッツ2 Vベルトとウェイとローラーの交換

 平成12年型って事で、早くも現役5年目の我がレッツ2君。
 トップスピードも落ちてきたし、そろそろかなーと思いベルトとウェイトローラーの交換を行うことにしました。

 必要部品は事前にWebで調査しておきます。
 Vベルト…16.5ミリ幅。
 ウェイトローラー純正は17φ14.0gx3。同等品の7.0gx6入りを購入です。
 パーツ類はバイクパーツドットコムさんで購入、2600円也。
 支払にJNB使用可能、送料も無料でいい感じです。


 さて、パーツも揃ったし作業に入ります。

 ■1.キックスタータの取り外し。
  キックスターターを止めている8mmボルトを抜き、マイナスドライバでこじって外すだけ。

 ■2.エアクリーナBOXの取り外し。
  キャブ側の固定バンドの+ネジを緩める
  クリーナBOXは10mmボルト2本で固定されているのでそちらをはずす。
  キャブとクリーナBOXの連結部分をやさしく外す。

 ■3.ドライブユニットを覆っているカバー外し。
  #2ドライバでネジを緩めていくだけ。

 ■4.キックスターター固定プレートの取り外し。
  樹脂製のカバーを外すと出てくるのはキック固定プレート。
  こちらは金属製。
  かなりの高トルクで締まっているのでネジ舐め注意報。
  きちんとした工具で一気に緩めるべし。
  #3の+ネジで閉まっているので注意。#2で緩めると間違いなくナメます。
  っていうかナメた(笑)
  こちらを取り外せば駆動系とコンニチワ。


 ■5.プーリーの取り外し
  プーリーロックナット32mmのナットを大型モンキーで固定し、中央の14mmナットを緩める。
  この手のネジは思い切りが肝心です。
  おりゃっと気合を込めて取り外しましょう。


 ■6.ウェイとローラーの交換
  プーリーを取り外し、裏面のプレート固定ネジ3本を取り外すとウェイトローラーがこんにちわ。
  コスト削減の為でしょうか。ミゾは6本あるのにローラーは3個しか入ってないのね。


  取り外した純正ウェイトローラーを眺める。思い切り偏磨耗してますな。
  NTB製新品ローラーにグリスを薄ーく塗って組み込み。


 ■7.Vベルト交換。
  旧Vベルトは一見正常だが、幅を比較してビックリだ。
  新品の16.5ミリと比較して一目でわかるほど磨耗している。
  間違って購入してしまったのかと思い品番を再確認してしまったほど。
  ベルトは消耗品だと再認識しました。

 ■8.組み付け
  ケース内に飛び散ったベルトの削れカスを掃除して・・・
  組み込み完了。

 ■9.試走
  まず、走り出しがスムーズになりました。
  削れて軽くなったウェイとローラーと、磨耗したVベルトにより変則タイミングがズレていたのが正常になった?
  そして最高速が大幅にUP。
  通勤路の330号線でトップスピード60km未満だったのが、一気にメーター振り切り(推定70km/h)に。
  燃費も良くなりよい事づくめ。

  ベルトは5,000km毎の交換が推奨されているようです。
  高い部品でもないので、ちょくちょく交換してやると性能が蘇りますなー。


2005/11/30更新