中部ダンロップ杯ジムカーナ大会第3戦(2016/09/25)に参加してきた

行ってきました第3戦。
前回は足をやっちゃっててコースウォークもままならない状態だったけど、今回は完調。
びわ湖に続き、いい結果を出したい!

例によって前日夜に出発して会場付近のネカフェ泊。
2度目となると距離感もわかっているので気楽です。

会場入りしてライダーズミーティング、そしてコースウォーク
2016-09-25-1
ぱっと見アケアケっぽく見えたけど、歩いてみるとそうでもない。
極端に狭い所は無いけど、ラインの自由度がある分どう入ってどう出るか迷う感じ。
あと縁石付近に砂が溜まっているのがけっこう怖い・・・

第1ヒート
走ってみるとやはり狭い。
気温は高めなはずだけど、なんだかリアがズルズルする。
直線区間はあえてシフトアップせずに走ってみた。
さすがに吹け切り気味だけど、ゴールに飛び込むと1:38。
悪くない感触!

昼食を終えて中間リザルト発表。
生タイムは1'38.560だけど、まさかのペナ3...
しかしよくよく見ると生タイムだけならクラストップ!!
この勢いでペナ無し完走できれば昇格にも手が届きそうな雰囲気...!?

コースウォークで修正ポイントも洗い出し。
ラインの修正と、後半の高速区間はギアチェンジを入れる事に決定。
ペナをもらわないように丁寧に走ることを重視。

第2H
回転がいまいちきまらない感触があるものの、前半はまずまず。
後半も高速区間ではギアチェンジを入れるようにして順調!
ところが...直線立ち上がりでまさかのスリップダウン...!(1:15あたり)

リア空気圧をチョイ下げでグリップ感もいい感じだったのですが、滑る兆候を感じる間もなくステーンといっちゃいました。
結局、記録は第1Hの1'38.560+3で119.94%にとどまりました。

3ペナ付きでも120%を切れるようになったので、進歩といえば進歩なんだけど...
あとからクラストップとの比較を見直すと、転倒直前までで1.6秒程の差。
もう少しだけ体をインに入れて車体が起きていれば滑らなかったかも、と考えると、悔しさが...

オフシーズンの間に、ペナをもらわない正確さと、転ばないように安定性を高める練習をする必要がありそうです。


KSRでひよこGPに参加してきた(2016/09/18)

今月はイベント参加が続きます!

ひよこGPというイベントが開催されるという情報をキャッチ。
ガチレースではなく、あくまでサーキット体験イベントという事で、革ツナギは不要らしい。
つまりいつものジムカーナ装備で参加OKって事か!(ヘルメットはフルフェイスの縛りあり)
せっかくミニに乗りかえたんだし、これは行くしかない!

会場は名阪スポーツランド
自宅からは下道で90分程とわりと近場。
当日朝、お天気はあいにく小雨ぱらつく微妙な感じ。

サーキットに到着。
MXからオーバルまである複合施設。すごい。
2016-09-18-5

お隣のCコースでは大迫力4輪系が。
2016-09-18-4

ひよこGP会場はABコース。
サイト情報によると全長850m、ストレート140mらしい
その昔走った伊計島と比べると一回り広い感じ。

KSRをピットにおろしてサーキットをながめる。
2016-09-18-1
うーん、濡れてますな...

ライダーズミーティング終えて早速第1走
初サーキット&ウェットということもあり、かなり控えめで探る
コンクリっぽい白い部分はさすがにリアが滑りそうな兆候が出るけど、そこ以外はそれほど神経質にならなくてもよさそう

現状のKSRのスプロケはノーマルよりちょいショートなF15にR33。
長めのストレートでは2速で吹け切り、3速だと高い感じ。
そしてテクニカルセクションでは1速低すぎ2速高すぎ。
4速でワイドなだけあって、どこでもそこそこ走れるけど、全体的にいまいち合ってない感じが気になる。

第2走目は少し慣れてきたことも有りペースを上げてみる。
速そうな車両を見つけて付いていって見ることに。
見よう見まねで腰を落とすと差が開き、いつも通りリーンウィズに戻すと追いつけるw
やっぱり普段やってない事をイキナリやろうとするのは難しい...
レクチャータイムでは腰の落し方やレインタイヤについてなど色々教えてもらったり。

第3走の頃には雨も弱まってきてさらにペースアップ。
しかしゴール前のS字出口でフロントからスリップダウン。
スピードが出ていない区間だったので無傷でした。(上着はビリビリですが)

そして最後はおまちかねの模擬レース(5周)です。
雨はあがり、路面はほぼドライ。
(以下写真はひよこGP撮影班様撮影。ありがたや!)

2016-09-18-5
スタートダッシュでがんばって4番手につけて順調に順位アップ
2016-09-18-3
先頭(RZかな?)にもついていけるが、なかなか抜けない...
2016-09-18-2
5周しかないのでどこで攻めるかなと考えた所、奥のヘアピンの立ち上がり重視ラインで無事先頭に!
2016-09-18-4

たまには違う環境で走るのいいですね。
刺激になるし、色々と引き出しが増えそう。


KPR杯RD2びわ湖バレイ(2016/09/11)に参戦してきた

びわ湖バレイで開催された2016年KPR杯RD2に参戦してきた!

通算4回目となるびわ湖。
前日夜に移動して、会場付近のネカフェ泊という定番パターンで現地へ。
フラットシートでしっかり睡眠。

当日早朝、今回はゲートオープンが早めという事で7時前にはゲートへ。
すでに大行列ができている。みんな早い...。
無事に会場入り。
今回は会場の都合でトランポエリアがいつもの駐車場ではなく、砂利スペース。
さらにウォームアップエリアもいつもの半分くらい。
まじか!と思ったけど、タイヤのあたたまりが早いミニは有利!というポジティブ思考でいこう。

受付終わってコースウォーク。
20160911-1
かなり狭い。
ミニですら「開けるポイントが無いな〜」と感じるほどテクニカル寄り。

いつもなら「こりゃムリだなー」と思うところだけど今回は違った。
実は、前回大会の動画研究で狭い所・回転が遅い事がハッキリわかったので、重点練習していたとこなんですよ。
更に、これまでのリア下がり強アンダーなセッティングになっていた車高を、今回は前後とも標準的な1G値に修正済。
このレイアウトでこのセッティングなら、いわゆる「ミニっぽい走り」ができれば結構いいタイム出せるのでは!?

出走は2番目。
前半ミスコースしそうになったものの気付いてコース復帰して完走。
冷静だ。いいかんじ。
タイヤが温まってないのか、路面のせいなのか、中盤のオーバルが滑る滑る。
転倒はまぬがれたものの、開けられなくてもやもやする...

昼のコースウォークで確認した修正点
・1Hでミスコースしそうになったロスをなくす
・侵入ラインの修正3箇所(スピードの維持を意識)
マシン側は、思い切ってリア空気圧を1.3まで下げてみる
目標は50秒切り!

2Hスタート

タイヤのズルズル感は無くなっていい感じ。
コースの迷いもなく、大きなミスも無し!
小さく回るorスピードを維持するの使い分けも悪くない、好感触!

結果
114.56%でD1クラス2位!
C2に昇格だー!!
20160911-2

やりました!
20160911-3

リザルトを眺める
1位との生タイム差は2.21秒。
比較動画を見ながら、どうすればこの差を埋められたか?を研究!

次回からは激戦のC2クラス、どうやって戦うか...

※後日追記 参加者の方々の参戦記事
こーたの転倒日記
ハンカクセーモーターサイクル浜松 北陸出張所
ただいま暖気中