KPR杯RD1びわ湖バレイ(2016/06/26)に参戦してきた

びわ湖バレイで開催された2016年KPR杯RD1に参戦してきた!
KSRに乗り換えてからはじめてのびわ湖バレイ。

早起きは辛いので、深夜に移動してネカフェ泊。
前回、リクライニングシートでいまいち熟睡できなかった反省にたち、今回はフラットシートを選択。
のびのび眠って早めに会場入り。

梅雨の合間だったので天気が心配だったけど、当日は日焼けするくらいの暑さ。
出走は70台超らしい、自走組も多くていい感じ!
駐車用の黄色線が比較的新しくて、滑りそうな雰囲気をかもしだしているのが気になる・・・

2016-06-23-1

ライダーズミーティング後にコース図もらってウォーク。
ミニにとっては難所といえるほどのところは無いような印象。

2016-06-23-2

先日念願の昇格を果たしたので、今回は初のD1クラスでの出走となります。
第1ヒートの出走順はD1クラスから。
ゼッケン4なので、つまり今回は4番目の出走。
あっという間に出走時間がやってきてバタバタ。

第1ヒート
前半の緑パイロンを逆に回ってしまう。
復帰はできたもののかなりのタイムロス。
後半はセンターライン踏んだ(気がした)り、直線でシフトアップのタイミングを見失ってしまい1速吹け切りが長かったり。
更にゴールで停止線を微妙にオーバーしたりと散々な結果。

中間リザルトを見るとペナは取られていなかったみたい
...なんだけど、それ以前にミスコースだった・・・ダメじゃん・・・

そういや今回、KSRの右バンク角対策としてブレーキペダルにステーをボルト止めしてみました。
結果ブレーキペダルが20mmくらい上がった形になり、つま先の接地がだいぶ減っていい感じ。

2016-06-23-3

出走が早かった分、その後に続く選手の走りをじっくり見物できた。
昼のコースウォークで修正ポイントの洗い出し。
前半は八の字をもっとコンパクトに回ることと、緑パイロンの回転方向を間違わないこと。
後半はセンターラインを踏まないようにゆとりをもって進入する事、直線では早めのシフトアップ。

そして迎えた第2ヒート

修正点をそつなくこなし、感触は上々。

Dクラス3位とびわ湖での初入賞となりました!
リア充爆発しろTシャツがまぶしい(?)
2016-06-23-4

リザルトを見るとトップ比は115.96%。
おおっ、あとすこしで昇格ライン!?

優勝もKSRだったし、C2クラスに至っては上位3台がKSR。
参考にできる要素が多くてとてもうれしい!

後日、動画を見ながら、どうすれば0.96%を削れていたか考える。
一番簡単なのは単純にモアパワーか。
各ターンの立ち上がりでもっと鋭く加速できたなら、1秒は削れていただろうなー

エンジンに手を入れるのはもっと後にしよう
と思っていたんだけど、こりゃちょっと急いだほうがいい気がしてきました。

後日追記
参考 これまでの参戦ログ


中部ダンロップ杯ジムカーナ大会第1戦(2016/06/13)に参加してきた

行ってまいりました浜名湖。
1度は出てみたかったDUNLOP杯です!

前日昼過ぎまで調整を兼ねての練習会。
浜名湖までは会場から高速利用で4時間以上。
日が落ちる頃に浜名湖付近に到着し某所で車内泊。

荷物をおろして銀マットを引けば十分足を伸ばして眠れるスペースができるので楽〜
2016-06-12-2
ぐっすり眠って翌朝は余裕を持って会場IN。

心配されていたお天気は、曇は多いものの雨は無さそうな程よい感じ。
コースを眺める。
2016-06-12-5
話には聞いていたけど、広い・・・
更にトイレまでがとても遠い。
自転車持ってきておいてよかった〜

ライダーズミーティングを終えコース図受け取りコースウォーク。
2016-06-12-1
やはり広い。
シフトアップが必要そうなところが4箇所。
下手すっと3速まで必要になるんじゃ?というところもちらほら・・・
ローギヤード化したの、失敗だったかな・・・

やってきました第1ヒート
スタートのシグナル音が聞こえにくくてちょっと戸惑った。

前半は悪く無い感じだったのですが、後半入口の高速エリアでシフトダウン失敗で後輪ロックさせてしまい足つき+1。
どうにか転ばずに済んだものの、直後にギア抜けっぽい現象が出てしまいさらに足つき+1。

やはり高速系が鬼門だった・・・
とはいえミスコースは無しで完走、タイムは1分55秒502+2。
中間リザルトを見たところタイム比は124%チョイ。
うーむ微妙!

昼のコースウォークで午後のポイントを検討。
ミスを無くして3秒、更にラインの見直しで2秒は削れるはず。
5秒削ってペナ無し完走できれば昇格タイムに届くのでは・・・!?
という事でギアについて、スタートは1速、その後は基本2速で走行、シフトダウンは極力避けるという方針に決定。
加速はヌルくなるけど、後輪滑らせてしまうよりはずっといいという判断です。

そうそう
1年半使用してきたブーツですが土曜の練習でファスナー破損
ガムテぐるぐる巻きで大会に挑むことになりました
2016-06-12-3
右のつま先スライダーもヤバイので汎用ステーを仕込んでビニテ巻き
わージム屋っぽ〜い(?)

さて運命の第2ヒート
スタートは上々、1本目のパイロン立ち上がりで2速にチェンジ!
前半のスラロームエリアは2速ゆえラインがいまいちボヤけてしまったものの、思ったより平均スピードは落ちてない気がする。
もともと中低速寄りのKSRのエンジン、案外こういう走り方の方が早いのかもしれません。

第1ヒートでの失敗ポイントも無難にクリア。
ストレート終盤でシフトダウンが不要になったのでかなり安心。
ゴールに飛び込むとタイムは1分51秒864!
悪くはない。もう少し削りたかった気がするけど。
ペナルティは、無かったはず・・・

すべての走行が終わり表彰式
そして運命の昇格者発表。

2016-06-12-4
やりました!D昇格に届きました!

タイム比は119.79%!
うっわーギリギリ!
とはいえこれで名実ともにノービス卒業!
やったー!

※後日追記
リザルト出てた

参考
過去の参戦ログ


KSRをフェンダーレスにしてみた

KSRネタが続きます。

走行性能に関わる面もだいぶ良くなってきたので今度は見た目チューン!
当初から、もっさいかんじブレーキランプ周りをどうにかしたいなーと思っていたんです。
今のところ公道で使う予定はほとんど無いので、フェンダー無くてもいいかな?
という事で、フェンダーレス化に挑戦!

車種専用のフェンダーレスキットというのはやたら高いので、汎用品でチープに仕上げる方向で行きます。
安めのLEDテールランプと、ホムセンでL型ステー2本を入手。
2016-06-04-1
コネクタはKSR純正のランプ配線をカットして接続。
ちなみに写真では同色同士を繋いでますがこれだとNG。
赤青逆にするのが正解です(あとで気付いた)

ウインカーのネジ径に合わせて穴拡大した上で、現物合わせでステーを曲げて...
ノーマルのフェンダー用のネジ穴を使ってみるとなかなかキレイに収まりました。
2016-06-04-2
某所で1時間ほど8の字したりしてみましたが特に問題なし!

浜名湖へ向けての仕様変更は、これくらいで終了かな?
といったところですね。